PRって平たく言うと?

PRとは「Public relations -パブリック・リレーションズ」の頭文字で、個人や組織がパブリック(公衆)とのコミュニケーションを通じて良好なリレーション(関係)を構築することです。

企業が発信したい情報をテレビ番組や新聞、雑誌などの記事に盛り込ませて、広告のような宣伝要素が少ない第三者目線での発信をします。

PR会社はそれぞれの媒体の制作者と接触し、興味を持って記事にしてもらえるよう働きかけます。公共の媒体で記事にするわけですから、エビデンスやマーケティング結果など、提供する情報の下調べも重要です。

テレビや新聞などのメディア側が、情報に関心を持ち、その価値を納得しなければ世に出ることはありません。広告のように企業側が出したい情報を出せるわけではなく、内容や情報量についての決定権は制作者側にあるため、露出がコントロールできない不自由さがあります。

何故そんなまわりくどい作業をするのか?
それはズバリ「信用度が高い情報」として消費者に届くからです。
企業側が出したい情報といっても、あくまでもメディアという第三者の視点で情報発信されるため、消費者の信頼度は広告より高くなります。
PRはコントロールできない要素が多いものの、時勢に沿った消費者の興味を喚起する情報であれば、より信用性の高い情報として発信することができるのです。しかも広告より低予算で。
商品やサービスの内容を正しく理解してもらうことができたとき、企業は「パブリック」と良好な「リレーション」を築くことができ、購買行動に繋がるというわけです。

前述の通り広告とは異なりますので、メディアに取り上げてもらえるかどうか結果は保証できません。
しかし、露出してもらえる確率を上げることは出来ます。それがPR会社の主な仕事なのです。
では具体的にどんなことをするのか??次回お伝えしたいと思います。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。