質の良い空間は、質の良いコミュニケーションを生み出します

人間の可聴域(鼓膜振動を音として感じる周波数帯域)は、下は20Hz程度から上は15,000Hz~20,000Hz程度と言われています。近年、骨伝導で可聴域外の音に反応する例が確認され、耳で聞こえていない音からも何らかの影響を受けている可能性があるということがわかりました。
可聴域の下の「低周波音」は不定愁訴の原因のひとつとして健康に良くない影響があると言われ、近年研究が進められています。一方、可聴域より上の「超音波音」は、人間には聞こえなくてもが多くの動物は感知することができ、病院のエコー検査や超音波療法、振動エネルギーで新陳代謝を促す美顔器などにも応用されています。
感知しないまま影響を受けているこれら可聴域以外の音を独自の技術で綿密に調整し、また耳で聞こえる音は自然音をハイレゾリューション音源にトリートメント。

それぞれのオフィスに最適なスピーカーの位置をカスタマイズし、そこに居るだけで穏やかで心地良くなる音空間を作りだすのがKooNe音響システムです。
良質な音空間は余計なストレスを排除するので、自然と集中力や創造性が高まり、その結果生産性もUPします。

そしてビジネスの基本となるコミュニケーションも円滑で良質なものになり、大きなメリットを感じていただける事を確信しています。

ハイレゾ自然音空間 KooNe

Copyright 2019 alma